心臓のために補酵素Q-10を取りましょう

CQ-60 CoQ-10 $35.00 2ヶ月分
 
上記のニュースレターを読むにはアクロバットリーダーが 必要です。 お持ちでない方は 右をクリックして ダウンロードできます。

血圧をコントロールし、エネルギーをアップさせ、心臓を強くすると言われている補酵素Q-10は、健康や長生きに必要不可欠です。体内の多くの組織に含まれていますが、特に心臓、肝臓、腎臓、膵臓には多く含まれています。

ビタミンCやビタミンEや色鮮やかなカロチンなど抗酸化物質の持つスーパーパワーと同じく、補酵素Q-10は、免疫を低下させ健康を破壊する活性力の強い悪い細胞、フリーラジカルから体を守ります。内部点火プラグに似ており、補酵素Q-10は他の酵素と反応し、たんぱく質や脂肪や炭水化物からエネルギーを生成します。

この重要な栄養素はエネルギー代謝や心臓や臓器の健康の中で、中心的な役割を担っています。この抗酸化物質のパワー源の欠乏は、エネルギーの低下や免疫力の低下、心臓病、血圧の上昇、ガンにつながります。

Heart Relief: 心臓の救世主
補酵素Q-10は、心臓の酸素欠乏耐性力を高めると言われ、様々な心臓病に苦しむ人々に有効的です。反対に、心臓病患者の組織バイオプシーを検査すると、50-75%に補酵素Q-10の欠乏が見られ、この欠乏が有害であることが証明されています。
(Biomedical and Clinical Aspects of Coenzyme Q10, Volumes 1-4)事実、多くの専門家が補酵素Q-10の欠乏
は、狭心症
(胸の痛みを引き起こす心臓病)や高血圧や心臓の弁膜の異常や心不全と関係があるとしています。

Cancer Protection:ガンから守る
補酵素Q-10のガンの治療やガンの危険性の軽減に対する関心が始まったのは、1961年にスウェーデン人やアメ
リカ人でガンに苦しんでいる人々に補酵素Q-10の著しい欠乏が報告されてからです。(Biochem Biophys Res Comm 234(2):296-299, 1997)
補酵素Q-10の低下は、他にも骨髄腫やリンパ腫や乳ガン、肺ガン、前立腺ガン、膵臓ガン、結腸ガン、腎臓や頭
部、頚部のガンに苦しんでいる人々にみられます。この栄養素を摂取している人々の中に、肺、結腸、膵臓、咽
頭、結腸、前立腺ガンの平均的生存率が高まったことが判明しています。